株を学んで初心者脱出

●はじめて株を買う人でも始めやすい投資方法

「株を買う」と聞くといくら資金が必要だと想像しますか?
私も今から二十年ほど前に株をやっている人の話を聞いて、
「三百万円を投資して数十万円稼いだ」というような話を聞き、
自分にはとても無理だと株を諦めた経験があります。
しかし今はもっと少ない資金で手軽に株を買える時代です。
証券会社が提供している単元未満株や投信積立など、
少額から株をはじめられる商品がたくさんあります。
株はギャンブル感覚ではなくコツコツ利益を積み重ねる気持ちが大事。
ここでは私が実践している手軽に株を始めるための方法を紹介します。

●株を少額の資金で買える単元未満株のしくみ
株は銘柄ごとに売買できる単位が決まっています。
例えば100株単位で売買されている株の場合、
1株3000円の株を買うには30万円の資金が必要です。
でも初心者がいきなり30万円の株を買うのは厳しいですよね。
そこで利用したいのが単元未満株を売買できる制度です。
これを利用すれば100株単位の株を1株から購入できるので、
本来は最低30万円必要な株も3000円から購入できます。
もちろん売るときも同じように1株単位で売却できるので、
初心者の方も気軽に株の売買を楽しめます。

●単元未満株をはじめるには
まず単元未満株を取り扱っている証券会社に口座を作ります。
株の注文は証券会社に注文を出して取引するのが基本なので、
証券会社で口座開設することが必要になります。
口座を作ったら買う銘柄を選んで注文を出すのですが、
銘柄選びは初心者が一番頭を悩ますところ。
まずは簡単に基礎知識を学んでおくと銘柄選びに役立ちます。
株の基本が学べるサイト:株初心者ゼミ

●積立感覚で買い足せば単元株に!
単元未満株を毎月無理のないペースで買い続けると、
いずれはその銘柄の単元株数になります。
単元株になると議決権が発生するほか、
その銘柄が株主優待を実施している場合、
規定の株数を保有することで株主優待を受けることができます。
預金でも最初に目標金額を決めておくと貯めやすいように、
単元未満株を買い足す場合は単元株数を目標にするといいでしょう。

●他にもある少額でできる株式投資
少額ではじめられる株式投資でもうひとつのおすすめが投信積立です。
こちらは毎月一定額で投資信託を積み立てる方法。
投資信託の場合は預けたお金を投資ファンド(投資のプロ)が運用し、
そこで得た利益が分配される仕組みになっています。
そのため「どの株を買うか」という銘柄選びに悩む必要がなく、
忙しくて株の勉強ができないという方にピッタリな投資方法です。

 

コメントは受け付けていません。